トンネル防水工事

トンネル防水工事

当社はトンネルに防水、導水、止水用のシートを張っています。トンネル工事において、シートを張ることにより、漏水防止やクラック防止になり、皆様が安心して通れるトンネル工事の一端を担う仕事です。

ゼネコン各社および官公庁などからの発注による大きなプロジェクトはもとより、比較的小規模な工事まで幅広く対応しています。

作業内容

①防水シートの張り付けに障害となる照明器具及び風管等を移動する

②裏面排水材をインバートハンチ部に浮き上がらない様に釘打ち機を使いコンクリート釘で固定する

③ロックボルト頭部はロックボルトキャップを取り付け養生する

④防水シート・帯鉄・釘等材料をシート台車の上に台車に取り付けてあるホイストクレーンを使用して荷揚げし防水シートを展張する

⑤防水シートの張付けはシートと一体になっている不織布の端部を重ね合わせ、帯をあて釘打ちでコンクリート釘を使用し固定する

⑥自走式溶着機を使用しシートを溶着する。最後に拝み溶着部をコンクリート打設方向に倒し手動式熱風溶着機を使用し、点付溶着し固定する

MENU OPENMENUCLOSE

PAGETOP